●耳鼻咽喉科 ●アレルギー性鼻炎 ●中耳炎 ●めまい / 兵庫県 西宮市 薬師町 8-15 TEL.0798-64-8711(ハナイイ)
しおみ耳鼻咽喉科クリニック
最新の高度な設備とやさしい医療で地域社会に貢献します。
HOME 院長ごあいさつ 診療のご案内 当院のこだわり よくあるご質問
INFORMATION
再生医療等の提供開始後1年間の成績を近畿厚生局に報告しました。('16.12.22)
治療が終了した26名において、小穿孔15症例では100%(1回で閉鎖11名、2回で閉鎖 4名)、中穿孔10症例では90%(1回で閉鎖3名、2回で閉鎖4名、3回で閉鎖1名、 4回で閉鎖1名、3回手術を施行するも全く穿孔縮小せず治療を打ち切った症例 1名)、大穿孔1症例は100%(3回で閉鎖1名)、合計96.2%の閉鎖率でした。

CTを更新しました。('16.07.01)
開院以来使用していましたCTを、高精細、低被爆の最新モデルに入れ替えました。

電子スコープを更新しました。('16.01.21)
これまで世界で最も細い電子内視鏡は2.9mmで、当院でもこれを使用していましたが、今月ペンタックス社から、更に細い2.4mmの内視鏡が発売になりました。そこで、早速1月19日にこれに更新しました。これまでよりも更に苦痛が少なく検査を受けて頂くことが出来ます。

鼓膜形成手術の再生医療認定について('15.11.10)
2014年11月25日、再生医療等の安全性の確保等に関する法律が施行されました。
当院で行っている鼓膜形成手術も再生医療に該当しますので、まず特定加工物製 造届書を提出、平成27年6月22日に受理(施設番号:FC 5150265)されました。続いて、大阪大学認定再生医療等委員会(認定再生医療等委員会の認定番号:NB5140001)に提供計画の審査を依頼、厳正な審議を経て平成27年10月21日適切と認められ、これを受けて厚生労働省近畿厚生局に再生医療等提供計画を10月29日提出、審査の後11月9日受理され(計画番号:PC5150061)、医療の継続が認可されました。

週刊朝日(10・10増大号)に紹介されました。('14.09.30)
当院でも行っている多血小板血漿(PRP)を用いた鼓膜形成手術が、本日(平成26年9月30日)発売の週刊朝日10・10増大号、77〜79頁の、知って得する!新名医の最新治療Vol.348で紹介されました。

鼻づまりでお困りの方に。('14.03.25)
2013年11月米国において、アレルギーなどが原因で生じる下甲介肥大による鼻閉に対するいくつかの手術法を、長期症状寛解成績と副作用から検討した結果、第一選択は、レーザー焼灼術、電気焼灼術、下鼻甲介切除術などではなく、粘膜下下鼻甲介骨切除術および下鼻甲介骨の外方骨折法であるとの論文が発表されました。
当院でも、この方法による手術を行っています。

当院のスマートフォンサイトができました。('14.03.18)
しおみ耳鼻咽喉科クリニックのスマートフォンサイトができました。
スマートフォンをお持ちの方は、ぜひご利用ください。
>> http://www.shiomi-clinic.com/s/

手術用顕微鏡を導入しました。('13.11.13)
この度、より精緻な耳科手術を可能にするため、ドイツ・カールツアイス社製手術用顕微鏡を導入しました。これは、病院手術室で用いる顕微鏡と同等の性能を有する物です。

多血小板血漿を用いた鼓膜形成術について-2 ('13.07.16)
平成25年7月13日(土)、第174回日本耳鼻咽喉科学会兵庫県地方会で、神戸の先端医療センターの十名理紗先生により多血小板血漿を用いた鼓膜形成術という発表があり(当院院長も共同演者)、95%(19耳/20耳)の症例で鼓膜穿孔が閉鎖されたと報告されました。これは、入院手術である鼓室形成術とほぼ同じ成績です。
当院でも、鼓膜の面積の25%以下の小穿孔では100%(17例中17例)、25%以上50%以下の中穿孔では87.5%(8例中7例)と良好な成績です。

多血小板血漿を用いた鼓膜形成術について-1 ('12.11.26)
当院ではこれまで、コラーゲンスポンジを用いた簡易鼓膜穿孔閉鎖術を行ってきましたが、その成功率は必ずしも満足行くものではありませんでした。
そこで、病院での入院手術である鼓室形成手術と同程度にまで成功率を上げるため、最先端の傷・傷痕の治療などに用いられる多血小板血漿を用いた鼓膜再生手術をこの春から行っています。
>> 詳しくはこちらをご覧ください。

平成24年7月1日〜平成25年6月30日の日帰り手術実績('13.07.08)
<( )内は平成23年7月1日〜平成24年6月30日の手術実績>
耳:(鼓膜切開術、鼓膜チューブ挿入術を除く)
・鼓膜形成手術 20例(1例)
・鼓膜穿孔閉鎖術 1例(12例)
鼻:
・下鼻孔介粘膜レーザー焼灼術 7例(な し)
・鼻茸摘出術        12例(11例)
・鼻内上顎洞根治手術    10例(10例)
・鼻内篩骨洞根治手術     4例( 5例)
・上顎洞篩骨洞根治手術   11例( 8例)

7月28日の神戸新聞に掲載されました。('12.08.01)
8月7日の『鼻の日』に向けて、当院院長も参加しました専門医座談会の記事が7月28日の神戸新聞 朝刊に掲載されました。
>> 詳しくはこちらをご覧ください。(PDF:1.9MB)

お知らせ
この度、最新式の鼻・副鼻腔手術用CCDカメラとマイクロデブリッダーシステム(鼻茸を吸引しながら削り取る機械)を導入しました。
鼻茸切除や中等症以下の副鼻腔炎の手術が、大病院と同等のレベルで行うことが出来るようになりました。

診療予約に関するお知らせ
当院を初めて受診される方は、
(1)診療予約システム(http://junban.com/shiomi/i/index.html)から、順番待ちをするを選択し、ひらかなでお名前を、診察券番号は0(ゼロ)を入れて頂くか、
(2)診察時間内に当院(0798−64−8711)に直接お電話頂ければ、来院前に仮受け付けをして頂けるように致しました。

過去のお知らせ一覧を見る →

空気清浄機
診療予約システム
睡眠時無呼吸症候群について

(C)しおみ耳鼻咽喉科クリニック / アレルギー性鼻炎・中耳炎・めまい・副鼻腔炎・難聴・顔面神経麻痺 他
〒663-8024 兵庫県西宮市薬師町8-15 薬師メディタウン1F TEL.0798-64-8711 FAX.0798-64-8714